忍者ブログ
てあたりしだいでごめんなさい。 只今98%SMAP草なぎ剛状態でございます。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 11
12 13 16 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近2週間で読まれてる順
鳥桃ブログの最近2週間のアクセスの多い順です (2013/3/1開始)
只今鳥桃ブログ見てる人
とりもものTwitter
(結構無口)
最新CM
只今コメントは鳥桃の承認後表示されるようになってます。
[05/05 ようこ]
[05/01 brenda]
[04/17 NONAME]
[10/20 みあ]
[08/11 花井]
プロフィール
HN:
とりもも
性別:
女性
自己紹介:
色々と模索中のヴィンテージ乙女。
アイドルには無関心だった私が、ある日突然SMAPファンに。

御用の方はこちらへメールして下さい。
birdmomo_smap★yahoo.co.jp
(★を@に変更して下さいね)
お返事もyahooメールからになります。迷惑メールに分類されてしまう場合があるようですので、受信設定よろしくです。
てあたりしだい本棚
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
P R
1 2 3 4 5 6 7
草なぎ剛不足、SMAP不足が深刻。
あーSMAPに会いたいーー!

そんな草なぎ剛不足のあなたに
お役に立てるかどうかは分かりません(無責任)が、
今週も妄想ドラマタイムがやって参りましたー。
お暇な方、先週の続きを読んでみてください。
苦手な方どんどんスルーしてね。

先週のお話はこちら→コレクション第2章(1)



 ーーーーーーーーーーーーーーーーー

コレクション 第2章(2)


シャッター商店街から路地へ入る。
すると現れるビル。
ビル?いや、ビル風に見える2階建ての建物。
正面はシャッターが下りてて、
そこには盛大ないたずら書き。
奇妙な文字みたいなのが
黒のスプレーペンキで書かれてる。
美しくはない。
同じ建物の片隅にはスナックのドア。
薄暗い明かりの中に店の名前?
『ス map』と読める。
営業してるのか?かなりひっそり。

「どお?」とあの人が聞く。
どおと聞かれても・・。
シャッター商店街から更に奥って、
何でこんな場所?
いや、追われてる身の俺たちには
こういう場所が相応しいのかも。
「隠れ家な感じっすね」と答えておく。

追手から逃れて潜伏中の俺たち。
ま、潜伏中とは言っても
街はずれの小さなビジネスホテルに泊まって、
飯にも出かけるし、コンビニで買い物もする。
緊張感無し。

何にも持たずに部屋を飛び出したから
着替えを買いにぶらっと入った古着屋。
別に特徴の無い品揃えだけど、
あの人はぱーと眺めてサッと選び出す。
俺の顔と服を交互に眺める。
「これ、着てみて」と服を渡される。
店員さんが「ご試着どーぞー」と覗きに来る。

あの人が選んでくれた服。
ユニクロスウェット男から変身だ。
試着室で鏡に映る自分を見てちょっとニヤケル。
俺、けっこうイケテんじゃね?
店員さんの「いかがですか?」の声に
カーテンを開ける。
あの人が「うん」と頷く。
店員さんも笑顔になる。
この店員さんちょっと可愛いかも。

あの人がコーディネートした服を
俺とあの人の分併せて10着位買う。
潜伏中にこんなに服が必要か?とも思うけど、
ファッションは俺たちの基本だしね。
あの人の以前の店程じゃないけど、
そこそこの値段になった。
あの人が支払う。
俺は二人分の大きな紙袋を受け取る。
「ありがとうございました~」店員さんの声は明るい。
「またね~!」と店員さんに手を振る俺。

俺もあの人にお礼を言う。
ホテル代とか飯代とか、この服とか、
全部あの人の支払いだ。
流石資産家御曹司!
それは俺の勝手な想像だけど、
ちょっとそれ以外金の出どころの想像がつかない。
金の心配など全く不要って感じ。

「やっぱ古着屋かなー」とあの人が言う。
「古着?」
「そ、やっぱ古着屋やりたい!」
なんか無邪気。

って事で次の日にはあの人が貸店舗を見つけて来た。
それが、ここ。

あの人が片隅のスナックに入って行く。
近くで見ると店の名前は『スナックmap』
”ナック”の文字が変色して消えかけてる。
「こんばんは」と声を掛けると、
カウンター越しに女の人が
「あぁ、ほんとに来たんだ」と言う。
俺も頭をさげる。
こじんまりとした店。お客はカウンターの隅に一人。
店内は静かだ。
「急にやって来て隣の店を貸して欲しいって言うから
いたずらかと思ってたんだけど」と笑う。
「はい、これ鍵。
前の人が夜逃げしたまんまだから、
中はグチャグチャだけど面倒だからそのままにしてあるし、
使える物もあると思うから勝手にどーぞ。
電気とか水道は使えると思う。
分からない事あったら聞いてねー」
このスナックの年齢不詳のママが大家さんらしい。
鍵を受け取ると早速店の様子を見に行く。
静かな薄暗い路地にシャッターの錆びついた音が響く。

「ふ〜ん、何とか使えそうかな」
店内を見もしないで物件を決めたあの人の潔さに惚れる。
電気を付けると、夜逃げの生々しさが伝わってくる。
必要最低限の物だけ掻き集めて逃げた。そんな感じ。
それでも何も持たずに逃げ出した俺よりはずっとマシだな。

2階は居住スペース。
1DKっつーの?キッチン付きの居間の他に12畳程の部屋。
バストイレ別。
「ここで暫く二人で住めるな」とあの人。
二人で住む?!!ヒャッホー!!と心の中で叫ぶ。
あの人と二人暮らし!!
「ちょっと狭いけど、そのうちすだっちの部屋借りるから」
(いやいやいや、俺はここで永遠に二人暮らしでいいっす!)
ニヤニヤがバレないように必死に表情を作る。

俺とあの人の
新しい生活が始まる。

to be continued-------------


脳内変換出演者
あの人→草なぎ剛
俺→すだっち

もう頭オカシイ感じ(笑)。

次回多分水曜日UPです。
次回も宜しく~。
 
>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてね。
SMAP大好きだ!←こちらの謎のランキングに参加中。
よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

義援金は↓
東日本大震災復興支援財団

熊本・大分地震への義援金→日本赤十字社

拍手[64回]

PR
ブログパーツ

さて、本日より
妄想ドラマ始まるよ~!

鳥桃のビョーキ発症(笑)。


以前がら鳥桃ブログをお読みの方は
ご存知かと思いますが、
不定期の
脳内ドラマが湧いてくるビョーキです。
妄想病(重症)。

今回は、
以前書いていた
草なぎ剛と菅田将暉を
勝手に脳内主演で書いた物語の続編です。

前回の続きとなってますので、
未読の方は、出来れば前の物語を読んでから
こちらの第2章を読まれる事をお勧めします。

前回の内容忘れちゃったーって方も
復習してみて下さるとうれしい。

妄想バカドラマですので、
暇つぶしにどうぞ。
この手の妄想が苦手な方は
どうぞスルーして下さいまし。


*前回はタイトルも無かったのですが、

コレクション」にしました。
って事で前回の物語読んでみる方

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話(最終回)








ーーーーーーーーーーーーーーーーー

コレクション 第2章(1)

振動。
俺は口が大きく開いてる事に気づき慌てて閉じる。
この態勢からいって、俺は隣の人に相当もたれ掛かってる。
目を閉じたまま振動を感じる。
電車だ。


俺は逃げた。あの人と一緒に。
記憶が甦って来る。
夢じゃないんだ。

俺は姿勢を直してゆっくりと目を開けた。
隣に視線を向けると、あの人が眠ってる。
顔の傷、殴られたようなアザが
昨夜の出来事を呼び覚ます。

上から降って来る怒声に追われて
俺たちは走った。
細い路地をめちゃくちゃに進み、
大通りでタクシーに飛び乗った。
タクシーから後ろの様子を覗く。
追手の姿は見えなかった。

都心の駅で電車に乗り換える。
そして、今。

これから俺たちは
何処へ行くんだろうか。
不思議と不安は無い。
俺の横に、あの人がいるから。

車窓から海が見える。

車内は空いている。
何処へ向かう電車だろう?

あの人が目を覚ました。
「今、どの辺?」と伸びをしながら聞く。
「痛っ!」とアバラの辺りを押える。
殴られた所がまだ痛むらしい。
「大丈夫っすか?
今どの辺なんすかね?
てか、どこ向かってるんすか?」
「さあね」
と答えてあの人が笑う。
俺も一緒に笑う。

俺たちは何の縁もゆかりもない
見知らぬ駅で降りた。
地方都市。
大きすぎも小さすぎもしない
どこにでもありそうな街。

何の確証も無いけど、
こんな所まであいつらは追ってこないだろう。
そう思える。
俺は楽観的過ぎか?
でも、隣を歩くあの人が
「さて、ここで何を始めよっか~」
なんて楽しそうに言うから
俺も
「そうっすね~」なんて
呑気に答える。

 もう大丈夫だ。
何の確証も無いけど、あの人が一緒だから。

「とりあえず飯、食うか」とあの人。
「腹減りましたね!」と俺。

なんか、ちょっと、
楽しい気分なんすけど。
それは、あの人と俺の距離が
ぐっと縮んだ気がするから?

俺の勝手な思い込みかもしれないけど。
何か、イイ感じだ。


to be continued-------------


脳内変換出演者
あの人→草なぎ剛
俺→すだっち


しばらく続く予定ですので
よろしくお付き合いください~。
多分水曜日UPです。

>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてね。
SMAP大好きだ!←こちらの謎のランキングに参加中。
よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

義援金は↓
東日本大震災復興支援財団

熊本・大分地震への義援金→日本赤十字社

拍手[65回]

ブログパーツ

5月6日ゴロ―の日!
GW終了の方も
まだまだ続いてる方も
皆さま踏ん張ってますかー?!

ザワザワしますが、
踏ん張って行きましょう!


さて、
妄想暴走ドラマも本日最終回!!
暴走が酷すぎて

ついていけねぇ(すだっち口調)
って方もいらっしゃるかも(笑)。

暴走好き、又は忍耐強い(笑)
そして超時間ある~って方、
最終回読んでみてね。

「今まで読んでなかったけど、
最終回だけ読んでみる」とかは
全くお勧めいたしませんー。




今までのお話はこちら
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話


第11話(最終回)

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

俺はあの人の店の前を通る。
店には貸店舗の張り紙 が張られてる。
もう、あの人の店じゃないんだ。
あれから1ヶ月が過ぎてた。



夜中に俺の部屋のチャイムが鳴る 。
携帯を見ると午前1時過ぎ。
こんな夜中に誰だよ。居留守の俺。
でもチャイムは鳴り続け、そのうちドアをノックする音に変わった。
それも切羽詰まった様な叩き方だ。
止めてくれよ。部屋間違ってんじゃねーの?
俺は恐る恐るドアの覗き穴を覗く。

そこにはあの人が立ってた。
俺は急いでドアの鍵を開ける。
それと同時にドアが引き開けられ
あの人が飛び込んでくる 。
そして素早く鍵とドアチェーンをかける 。
あっけに取られる俺。


あの人の顔はキズだらけだった。
まぶたは切れて腫れてるし、
唇も切れた跡に血がこびりついてる。
ドアの外の様子を伺うあの人。
そして物音がしないと分かるとようやく俺を見た。

「悪りぃけど、ちょっと助けてくれないか?
追われてるんだ」
「警察に?」
「いや、もっとヤバい奴らに」
「? !」あの人に一体何が起こってんだ?
「着替えたら、すぐに出て行く」

俺のクローゼットから勝手に服を取り出すあの人。
逃げてるんだったらもっと目立たない服にした方が・・
と言いかけたけど、
何時でもカッコいいのがあの人だから
言っても無駄だと気付く。

あの人は血と泥で汚れた服を脱ぎ捨てる。
体もアザだらけだ。
けど、それよりも鍛えられて引き締まった体に
俺の目は釘付けになる。
思わず自分の薄い胸板に手を当てる俺。


あの人は、俺があの人に貰った服を着る。
俺が着るより数段カッコいい。
負けだ。いや、勝てる訳ねーけど。

「店に警察が来て・・古着は全部持って行かれました。
あれは失踪した人の ・・」
「あぁ、俺もニュースで知った」
「えっ?」それまで知らなかった?
「仕入先の奴ら、ちょっとヤバそうだなって思ってたけど、
ここまでヤバかったとはな」 ちょっと笑う。
「・・何で追われてんすか?」
「ネットにUPした服を、奴ら見つけたんだ。
そして失踪者の遺留品を捜してた警察もそれを見つけた」
「・・・俺がネットにUPした・・?」
やっぱ俺のせいだ・・血の気が引く。 
俺はネットを見ながらイイネ!ボタンを押すヤバイ奴らと警察を想像する。
 

「元カノさんも行方不明だって警察が・・」
「あいつは助け出せたから大丈夫だ」
「助け出した?」
「あいつは俺と会った後、奴らに拉致された。
朝 店の前に、あいつの服が入った箱が置いてあって、
あいつを助けたかったら出て来いって手紙が入ってたんだ。
俺が警察に捕まって、仕入れ元をばらされるとヤバイと思った。
で、警察より先に俺の口を封じるつもりだったんだ」
「それで俺には仕入れに行くって出掛けたんすか? 」

俺が元カノさんへのジェラシーで悶々としてた時、
あの人は彼女を助け出しに行ってたんだ。
カッコ良すぎる。
で、俺・・ダッセェ。

「あいつを拉致してた奴らはまだ下っ端だったから
なんとか逃げ出せたけど、これから追って来る奴らは相当ヤバい。
俺が出て行った後、暫くは用心しろよ」
用心ってどーすりゃいいんだ? 
猛烈な不安。
「警察に通報して事情を話した方がいいんじゃないっすか?」
「いや、それはマズい。ちょっと・・ね」
えっ?!まだ他にもヤバい事に関わってるって事か?

階段を駆け上がる音が聞こえる。
「ヤベェ!ここも見つかった!」
あの人が立ち上がる。
「お前も一緒に逃げるぞ!」
「えっ?!」
「俺と関係あるって感づかれた。
捕まったら殺られる」
「殺られる?!」
「早く!」あの人はベランダの窓を開ける。
俺の部屋のドアはガンガンと打ち叩かれ
「開けろや!!」と怒声が聞こえる。

「急げ!」
「でもここ4階っすよ!」
「いいから急げ、もうここしか無い!」
あの人は軽々とベランダの冊を乗り越えて行く。

ドアにはバールの様な物がぶち込まれ
ギシギシと凄い音を立ててこじ開けられようとしてる。
俺も夢中でベランダの冊を乗り越える。
足が宙ぶらりんになる。
ドアがもの凄い音を立てて引き倒される。
下からあの人の声がする。
「そっから飛び降りろ!」
えっ?まだ2階にも届いてないのに?
ベランダに出て来たヤバい奴の怒声が頭上から響く。
「待てやゴルアァァ!!」
ベランダを鉄パイプで叩く振動が俺の手にも伝わる。

飛び降りるしかない!

飛び降りた勢いで地面に転がる俺。足がジンジンする。
俺はあの人に腕を掴まれ、強い力で引き起こされる 。
「走れー! 」
おれは必死であの人の背中を追う。
4階から怒号が降ってくる。
恐ぇ。
俺は必死に走る。 
いつでも最高にカッコよく決まってるあの人の背中を追う。
その事にドキドキする。

・・・そして俺は気付く 。
あー俺も着替えときゃよかったー。

俺、 ユニクロのスエットじゃねーかぁ!

ーーーーーーーENDーーーーーーーー

脳内変換出演者

俺・・すだっち
男・・草なぎ剛


長々とお付き合いありがとうございました〜!
全11話楽しんで頂けたら嬉しいです。

後は映像化を願う(笑)。
映像化して下さるっていう暴走好きな奇特な方、
いらっしゃいましたら
是非ご連絡下さいー(笑)

>沢山の感想ありがとうございます!
お返事読んでみてね。
 モテモテ剛は辛いね←こちらの謎のランキングに参加中。
よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

義援金は↓
東日本大震災復興支援財団

熊本・大分地震への支援→JEN

拍手[115回]

ブログパーツ

今朝は久々
ネットでスポーツ紙の記事を読みましたけど、
ジャ二さんの言葉を、

ポジティブに受け止めましたよ。

だからって
踏ん張り続ける事に変わりないし、
SMAPを応援する事は
更にパワーアップ!!です。

ポジティブに受け取る。

ただそれだけ。



さてー
本日も妄想暴走ドラマでございます。
お暇な時にでも、宜しく〜。



今までのお話はこちら
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
 第6話 第7話 第8話 第9話



第10話

ーーーーーーーーーーーーーーー

謎の男は俺の「いらっしゃいませ」の言葉に
ちょっと頭を下げて、店内を見回してる。
「何か?」と聞くと

「こういう者です」と
警察手帳を見せた。
「ちょっとこの辺りを聞いて回ってるんですが・・
この人に見覚えはありませんか?」
と写真を出される。

おぉ〜何か刑事ドラマで見た感じじゃん〜。
この辺で何か事件発生かぁ?
なんてちょっとワクワクな俺。
写真を覗き込む。

「・・・・あぁ、はい。
・・見た事・・ありますね・・」
野次馬的なワクワクは一瞬でぶっ飛んだ。

写真に写ってたのは
あの人の元カノだった。
心臓のドキドキが止まらない。

「この人が今行方不明になってまして。
この人を見たのはいつ頃ですか?」
行方不明?!俺はなんて答えたらいいんだ?
「えっと・・先週ですね。店に来た人だと思います」
あの人の元カノだった人だと言っていいのか?
どうすれば良いんだ?頭が混乱する。

この辺りの複数の防犯カメラに
彼女が一人で歩いてる姿が捉えられてるらしい。
「このお店の経営者か責任者の方は?」
「えーと、今仕入れに出掛けてて・・」
「いつ頃帰られますか?連絡取ってもらえます?」
「えっと、あのぉーいつ帰るか分からなくて、
連絡も取れないんです・・」
何が起こってるんだ?あの人と一緒じゃなかったって事か?


あの人について何も答えられない俺は、
警察署で事情を聞かれる事になった。

そして、あの人について、
結局「何も知らない」と言うしかなかったし、
俺は本当にあの人の事を何も知らなかった。
名前も年齢さえも。

警察所で1枚の写真を見せられた。
「この服に見覚えは?」
俺が写メに撮った服の写真だった。
ネット上にUPされてたのを印刷したようだ。
なんでこの服が?何か関係あんのか?意味が分かんねぇ。
「この服の持ち主も失踪しています。
今年の3月17日から行方が分かりません」

3月17日?あのポラロイドの裏に書かれてた日付だ・・。
悪寒がする。何故その服があの店に?

その服が店にある事は認めたし、ネット上にUPしたのは俺だと伝えた。
でもポラロイド写真の存在と日付の事は言わなかった。
言えなかった。


あの店にあった全ての物が押収された。
俺はその場に立ち会う。
あのポラロイドの束は消えていた。
捜査員に運び出されるダンボール箱に、俺の目が釘付けになる。
その箱から覗く布は鮮やかなブルーで、
民族衣装のような特徴的な刺繍が見えた。




捜査により、
あの店には他に何人もの失踪者の衣服や小物が存在する事が分かった。
だけどその服や小物からは、持ち主の血痕やDNAなど一切検出されない。
失踪者の行方は依然謎のままだし、
あの人がこの失踪に関係があるのかどうかも分からないという。

俺はこの失踪事件とは関係ないと警察は判断したらしい。
余りにも何も知らな過ぎる。
警察はあの人の行方を追ってる。




あの人はもう二度とこの店へは帰って来ない。

この店にあった全ての物は
決して外に持ち出してはいけない
あの人のコレクションだった。



それを俺が、
外へと持ち出したんだ。

ーーーーーーー-------
脳内変換出演者

俺・・すだっち
男・・草なぎ剛


今回の展開は
皆さんの反応が非常に気になるのですが、
大丈夫でしょうか?(笑)
本日もお付き合いありがとうございました〜!

>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてね。

モテモテ剛は辛いね
←こちらの謎のランキングに参加中。
よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

義援金は↓
東日本大震災復興支援財団

熊本・大分地震への支援→JEN

拍手[96回]

ブログパーツ

頭の中を
ドンキホーテ サンチョパンサ〜♪
が流れ続けるGW(笑)。

お仕事の方もお休み中の方も
お休みだけど忙しい方も

妄想暴走ドラマの時間がやって参りました。
暇な時間に読んでみてね〜。




今までのお話はこちら
 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
 第6話 第7話 第8話



第9話

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

あの人が帰って来なかった事に
思った以上にショックを受けてる俺。
俺が店を閉めて帰った直後に戻って来た可能性だってあるけど・・。

朝、俺が店に到着すると
あの人は既に店を開けてた。
カランコロンとドアを開け入って行く。
「おはようございま〜す」と何時もと同じように
努めて元気を装う俺。

ソファーに座ってるあの人は
何時もと変わらぬ挨拶を返してくれた。
「おはよ〜」

昨日の事を聞きたい。
元カノさんと何を話して、どうなって、
どうして帰って来なかったのか
聞きたくて堪んない。

いや、やっぱ聞きたくない。
どうかしちゃってるよね俺。

帰って来なかったからって、
元カノさんと何か・・・・って考える必要無くね?
 んんー・・無理。


「そうだ〜」
あの人が声を掛けてきた。
「何すか?」平静を装い答える俺。
「俺、明日から仕入れに行って来るからさぁ、また店番頼むね」

絶望的・・。
このタイミングで仕入れに行くだなんて、
見え透いた嘘じゃねーか!
いつでも仕入れに出掛けるのはある日突然って感じだった。
 けど、今回のタイミングはさぁ。

元カノさんと旅行か?よりが戻っちゃった?
あぁ、何で俺がこんなに悲しんでんだ?
訳分かんねーしーー!
心の中で叫ぶ。

何で今、元カノさんが登場なんだよぉ。
俺とあの人の関係性がいい感じで進んでたのにぃー。

あーーマジ絶望なんすけどぉーー。


次の日あの人は何時もと同じように
仕入れに出掛けて行った。
「適当に宜しくね」と言って出て行こうとして、
「あぁそうだ、値段の付いてないやつも、もう売っちゃって良いよ
適当に値段付けていいからさ」と言う。
相変わらず全て適当でOK。
俺の好きなあの人らしいとこ。

「了解っす。じゃ気をつけて」
と俺は寂しさを押し殺して気丈にあの人を見送った。

ついにあの人も販売意欲が出て来たってことか?
元カノさんに「ちゃんと売って稼いでね」とか言われたか?
あ〜ぁ、俺とあの人の夢のような日々を返してくれ!

あの人は何処へ仕入れに行くのか何時も何も言わない。
一度仕入れ先について聞いた事があるけど
「俺が開拓した仕入れルートがあんだよね〜。
企業秘密だから教えない〜」と言われてそれっきり。




あの人が仕入れに出掛けて5日が過ぎた。
いつも2、3日と言って、その通り帰って来る事は滅多に無くて、
1日で帰って来る時もあれば、1週間音沙汰が無い時もある。
全く自由な人だ。


カランコロンとドアが鳴った。
おーっ?!あの人が帰って来た?と思ったら、
そこにはこの店とは不釣り合いな男が立ってた。
ファッションという言葉の無い世界の人だろう。

「いらっしゃいませ」と声を掛ける。
男は店の中へ踏み込んでは来ない。
謎の店巡りをするタイプとも違うようだけど?

謎の店に謎の男が現れた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

脳内変換出演者

俺・・すだっち
男・・草なぎ剛

本日もお付き合いありがとうございました〜!

さて、
前回登場の元カノさんのイメージは誰?
と質問を受けましたが、
自分で書いたくせに、書いてる間はNoイメージ。
色々と考えて、
北川景子ちゃん
柴咲コウちゃん
堀北真紀ちゃん
夏帆ちゃん
はい、全員元カノって感じで(笑)。

>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてね。
モテモテ剛は辛いね←こちらの謎のランキングに参加中。
よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。


義援金は↓
東日本大震災復興支援財団

熊本・大分地震への支援→JEN

拍手[77回]

ブログパーツ


Copyright © 鳥桃ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]