忍者ブログ
てあたりしだいでごめんなさい。 只今98%SMAP草なぎ剛状態でございます。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
4 10
11 12 15 16 17
24
25 26 27 28 29 30 31
最近2週間で読まれてる順
鳥桃ブログの最近2週間のアクセスの多い順です (2013/3/1開始)
只今鳥桃ブログ見てる人
とりもものTwitter
(結構無口)
最新CM
只今コメントは鳥桃の承認後表示されるようになってます。
[05/05 ようこ]
[05/01 brenda]
[04/17 NONAME]
[10/20 みあ]
[08/11 花井]
プロフィール
HN:
とりもも
性別:
女性
自己紹介:
色々と模索中のヴィンテージ乙女。
アイドルには無関心だった私が、ある日突然SMAPファンに。

御用の方はこちらへメールして下さい。
birdmomo_smap★yahoo.co.jp
(★を@に変更して下さいね)
お返事もyahooメールからになります。迷惑メールに分類されてしまう場合があるようですので、受信設定よろしくです。
てあたりしだい本棚
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
P R
1 2 3 4
昨夜何となく見ていたドラマに

斎藤工くん演じる医師が登場して、

その姿に

新見先生!」
↑(『37歳で医者になった僕』の時の役名)
と声を掛けたくなった鳥桃です。

新見先生(ほんとは守田だけど)

新しい病院に赴任されたんですね。

あの頃より
一層医師としての自信に満ち溢れてますわ。


先生は覚えていらっしゃるでしょうか、

37歳で医者になった
紺野祐太医師(草なぎ剛)の事。

忘れる訳ないですよね。
先生は紺野先生に
かなり手を焼いてましたし(笑)。

だけど今回
久々に見た新見先生(ほんとは守田)は

あの頃のヤナ奴(笑)ぷりが消え
患者さんに寄り添う
しっかりと芯の通った医師になられたようで、

それは、ひょっとすると、
紺野祐太先生(草なぎ剛)の
影響でしょうか?(笑)



もう、完全に
「37歳で医者になった僕」との

LINKが外れないんですけど(笑)。


最終回で新しい病院への赴任して行った
紺野祐太先生(草なぎ剛)は
今頃どこの病院で
爽やかな笑顔を振りまいてるんでしょうか。

また紺野先生に会いたいなー。

そんな事を
ずーーと思って見てた
「医師たちの恋愛事情」

新見先生(ほんとは守田だって)は

亜熱帯なエロさ(笑)を
発揮しておりましたわ。



紺野祐太先生(草なぎ剛)ーー!

赴任先の病院教えてー!

続編
「37歳で医者になった僕も40歳!」(仮)
(夏以降なら41歳・笑)
放送待ってまーす!

>拍手コメント下さった方へ
お返事読んでみてね。
剛くんの白衣姿が見たい←こちらの謎のランキングに参加中。
よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。


震災義援金について→JEN

拍手[135回]

PR
ブログパーツ

「37歳で医者になった僕」が終わってしまい、
なんだか気が抜けた状態。

皆さん引きずってますか?(笑)
私は間違いなく引きずってます。


今回ドラマが終わって
感じる事。


一人一人のキャラクターが凄く良くて、
好きだったなーと思うんです。

祐太(草なぎ剛)の優しくて患者さん思い、

ソフトな外見に反して芯は激太
な感じとか、


下田先生(八乙女光)のちょっとチャラくて軽い感じとか、
谷口先生(桐山漣)の「下田く~ん」って言う
ちょっと甘えたような呼び方とか、
沢村瑞希(水川あさみ)の 自分の思っていることを
キッチリと伝える姿とか、

佐伯教授(松平健)の狸度が凄いとか、
中島准教授(鈴木浩介)の腰巾着っぷりとか、

森下先生(田辺誠一)のクールさとか、

新見先生(斎藤工)の嫌な奴感とか。
(私意外と新見先生キャラ好きでしたよ)

相澤師長(真飛聖)の男前な感じとか。


どのキャラクターもピッタリフィット。



このドラマは
中盤から一気に重い感じに転調した感がありましたが、

それ以前は けっこうコミカルな演出もあって、
特にドラマのオープニング部分は
毎回 クスッと笑っちゃうようなエピソードで、

その部分がとっても好きだったんです。


「僕、彼女いますから。」と祐太に言われた後の、
「どういう意味、おっさん!」の返しとか、

朝、祐太の部屋から出てくる瑞希を目撃しちゃう
すずの父との なんとも言えない微妙な空間とかね。



しかし
すずの病状が重すぎて
そして又、祐太が医者になった理由も
かなり重い。


この重りがある為に
登場人物の動きに 制約が凄く出てしまったような。
(この制約が今回のドラマの肝にもなってるんですけどね)


そうでなければ
瑞希だって、もっと積極的に裕太にアピールできただろうし、
すずも強烈に反撃したかもしれない。

看護師さん達だって
祐太の事を「可愛い!」って気付いてたのだから、
祐太、下田、谷口との合コンだって在ったかも。
ひょっとすると新見先生も入ってたり?



すずが元気だったバージョン
パラレルワールド 「37歳で医者になった僕」
が見て見たいなー!


コメディー風味強め
どうでしょうか?

瑞希とすずの本気バトルは相当恐いと思う(笑)←こちらの謎のランキングに参加中。よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

震災義援金について←JEN

>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてくださいね。

拍手[44回]

ブログパーツ

台風の最中
気象情報のテロップ出まくりで
なんだか集中出来ないうちに終わってしまった
『37歳で医者になった僕』。

皆さん台風は大丈夫でしたか?


ついに終わってしまいましたね
「37歳で医者になった僕」。
寂しい・・・。


今回は佐伯教授の病状の悪化と、
院内勢力の移行が中心となりました。

すず(ミムラ)の病状も悪化していて、
もう意識が戻らないかもしれないところまで来てしまって、

祐太(草なぎ剛)のすずの介護が中心の
ドラマ展開になる事も考えられましたが、

こちらは意外とアッサリ

「普通の生活」を望んでいたすずの意向もあり、
祐太は医師としての仕事を優先。



それにしても
すずの寝顔が美しい!

こんなに美しい寝顔を見つめながら
手を握ってたら

惚れちゃうんじゃないの?!
草なぎ剛!
と、ちょっと心配に(笑)。

だって、ミムラさんの笑顔は
けっこう濃い笑顔なんだけど、
寝顔のすーーーとした感じは

非常に儚げ

「病院&儚げ」=好きになる
パターンですからね。

要注意です(笑)。



話が逸れましたけど、


病院内のゴタゴタ勢力争い。
森下先生が実権を握った形で
どんどん改革を進めようとしていますが、

内容としては
「患者の為の病院作り」で、
方向としては間違ってない。

但し、病院経営としての視点が不足してるんですね。


それにしてもですよ。

森下先生が佐伯先生を邪魔者扱い、
その結果ホスピス送りを急ぐような決定。

これはどうも納得がいかない。

権力を持った途端、
森下先生は豹変しすぎじゃないだろうか。

しかし佐伯先生の存在がなくなった事で、
森下先生が代役を務めない限り

ドラマとして 

祐太の青臭い行動
成り立たなくなるからね。



なんかちょっと森下先生の この行動には
無理を感じるんだけれども。

だから結局 
すぐに良い人森下先生に戻ってるし。




そして2年後


あの出来の悪い研修医たちが
立派に成長していて、

なんか見てて涙が出そうだった。


森下先生の教授回診(教授になった?)も
凄くよい雰囲気だったし、

佐伯教授は奇跡を起こしていたし!


ただ、
すずには奇跡は起きなかったのね。
すずにも奇跡を起こして欲しかったな。

お墓に祐太の近況を報告する瑞希の姿。



あれからどれ位すずは生きる事ができたのか。
多分意識は戻らなかったのかな。

夢の中で祐太が聞いた
「祐太さん」と呼ぶすずの声。

その声を実際には聞けなかったんだろうなと思うと、
切ない。




でも
祐太の爽やかな笑顔での
新しい病院での姿が見られたし、

未来は明るい!!



来週からも
紺野祐太の赴任先での
新たな活躍を放送してくれたらいいのにー!


この気持ちを
また暫く引きずるんです。

次のドラマは何時?!←こちらの謎のランキングに参加中。よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

震災義援金について←JEN

>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてくださいね。

拍手[48回]

ブログパーツ

来週が本当に最終回なんでしょうか?

なんだかちょっと信じられない感じです。
『37歳で医者になった僕』
第10話。


すず(ミムラ)の病状悪化が早すぎて
心配です。

祐太(草なぎ剛)が付いていながら
なぜ移植も出来ない、転院も無理と
言われてしまうような状況になってしまったのか?

6年もあったのに?
と、どーしても思ってしまう。
何故これまで移植の道を選ばなかったのか?



今回森下先生に
「すずの心機能が低下していて転院も無理」
と言われた時に
「そうですか」と、あっさり受け入れてしまう祐太。


そして「すずさんは転院を希望しています!」と
言い出すのは 瑞希(水川あさみ)。

まず、すずの意向を聞いて
「転院」を言い出すのは 祐太であるべきなのに。

祐太はすずが自分の身近に居てくれた方が安心だから、
転院の件を考えずに受け入れたのかも知れない。
でも、患者の事を一番に考える祐太だったら?

祐太の行動や考え方に影響を受けた瑞希が
すずの転院を勧めてから ようやく動き出す祐太。


佐伯教授の医療ミスに関しても

森下先生に対しては
「黙って見過ごす事は間違ってると思う」
と伝えるものの

辞表を出して行動を起こしている下田先生には
何も言えない祐太。

「紺野先生は賛成してくれないんですか?」
と聞かれても、答えられない。


下田先生も祐太に影響を受け変わってきたのに。



すずを人質に取られてるとは言え、

祐太の行動に
なんともふがいなさを感じるのだ!


このままの状態の訳が無い!


すずは無事に転院できるのか?

そして祐太は正しい行動を起こすのか?

佐伯教授の運命は?

森下先生が不気味すぎる!


来週15分拡大程度で収まるとは
とても思えませんけども。
来週が楽しみ!だけど寂しい!

「声が出た!」って喜んだのもつかの間、この展開は任侠ヘルパーに似てる。けど死なないでねすず!←こちらの謎のランキングに参加中。よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

震災義援金について←JEN

>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてくださいね。

拍手[36回]

ブログパーツ

病院内が
人々の思惑で溢れ返っています。

「37歳で医者になった僕」
第9話。


学部長選と伊達さんの死を巡る
医師たちの苦悩。

医師としてなすべき事と

一人の人間としての立場。

新見先生(斎藤工)の取った行動は悪なのか。


伊達さんの病状に気付いていたが
担当外という事で 
何もしなかった瑞希(水川あさみ)と森下(田辺誠一)。

そして、何も気付けなかった下田(八乙女光)。

彼らの取った行動と新見先生の行動との
違いは一体何だろうか。



「紺野先生みたいに
患者の事だけを考えるなんて事はできない!」
と言う新見先生。

祐太(草なぎ剛)も、
その事で一番大切なすずの病状に気付けなかった。



こんなに先生達を悩ませといて、
混乱の原因を作った佐伯教授は

「自分には全く責任は無い」と言い切る。

更に 祐太への抑止力として すずの存在を持ち出す。
何て怖ろしい人!

と思ったら、
その行動を示唆したのは
森下先生で

森下先生の口から

「僕は佐伯教授の後継者だからね」
と聞かされる祐太。




只、
森下先生が佐伯教授の後継者になったのには、

病院の根幹からの改革を進める為

という理念がありそうな気がする。


それにしても
敵対する教授の不倫スキャンダルを持ち出すなんて、
エグイ森下先生・・・・。

それとも森下先生からじゃなく、
別ルートから仕入れたネタかも?
(森下先生を少しでも汚したくないのよ)



それぞれの医師の苦悩が
胸に迫る回でした。



病室でのすずと祐太の会話。

ほのぼのしてていいんですよね。

裕太のしゃべり方が 優しい
(なんかちょっとデレッとしてないか?・笑)

笑顔が優しい

すずが
「DVDを祐太と一緒に見たい」と言う
ほんとにささやかな希望が 

なんだかとっても切ないです。


来週は一体どうなる?
佐伯教授の「負け」って何ーー?!


毎日毎日が飛ぶように過ぎてゆくのに、「医者僕」のオンエアから次のオンエアまでがこんなに永いのは、一体どういうことなんだろうか。←こちらの謎のランキングに参加中。よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

震災義援金について←JEN

>拍手コメントくださった方へ。
お返事読んでみてくださいね。

拍手[36回]

ブログパーツ


Copyright © 鳥桃ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]