忍者ブログ
てあたりしだいでごめんなさい。 只今98%SMAP草なぎ剛状態でございます。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 11
12 13 16 18
19 22 25
26 27 28 29 30 31
最近2週間で読まれてる順
鳥桃ブログの最近2週間のアクセスの多い順です (2013/3/1開始)
只今鳥桃ブログ見てる人
とりもものTwitter
(結構無口)
最新CM
只今コメントは鳥桃の承認後表示されるようになってます。
[05/05 ようこ]
[05/01 brenda]
[04/17 NONAME]
[10/20 みあ]
[08/11 花井]
プロフィール
HN:
とりもも
性別:
女性
自己紹介:
色々と模索中のヴィンテージ乙女。
アイドルには無関心だった私が、ある日突然SMAPファンに。

御用の方はこちらへメールして下さい。
birdmomo_smap★yahoo.co.jp
(★を@に変更して下さいね)
お返事もyahooメールからになります。迷惑メールに分類されてしまう場合があるようですので、受信設定よろしくです。
てあたりしだい本棚
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
P R
舞台『ニ都物語』観て来ました!
7日(日)14:00~

一体何から書いていいのやら
頭の中がぐちゃぐちゃで
収拾が付いてませんが

兎に角書き出しておきます。

まだご覧になっていない方は
鳥桃の勝手な解釈連発ですので
読まない方がいいと思います。




まず、

草なぎ剛の存在感

主演なのだから当然、
と言われてしまえばそれまでなんですが、

スクネ(草なぎ剛)の持つ過去からの影が色濃くて、
「色んな事をやって来た」ダークさと、
人を拒絶するようなクールさが強いのに、

それでも尚
人を引き付ける何かを持っている。

内に秘めた信念が瞳に宿り、
あの強いジリジリするような視線で見つめられたら

息も止まります!
(舞台から視線が合ったと思い込んでる鳥桃・笑)


あの邪悪な王メシナに育てられたとは思えないような
真っすぐで天真爛漫とも言えるマナコ(小澤征悦)との対比で

より一層スクネの屈折が浮かび上がる。



三角関係の物語を言われているけれど、

スクネは最初から身を引いている様な状態で、
一般的に考える(メロドラマ系・笑)三角関係とは違い、

かろうじて三角の形を成すとすれば

サクヤ(堀北真希)がスクネに対する想いを
秘めているという点だろうか。
サクヤはスクネの自分への気持ちも

きっと本能的に(笑)知っている様な気もする。


サクヤというお嬢様も
清く真っすぐで、
マナコとはピッタリの天真爛漫カップル。


マナコがヤマタイ国で捕えられたと聞いた時に
スクネに助けを求める事は

その先に何が起こるのか
サクヤは想像していないのだろうか?

例えば「身代わり」という事で無くても
「死」について 十分想像が出来るように思うけれども、

天真爛漫お嬢様は
きっと
「マナコ」を助けたい一心なんだろう。

そして
マナコが救出され、船を出さなければならない時
サクヤは本気で「スクネさんは きっと帰って来る」
と言っているんだろう。

ああ、なんてピュアな人。
サクヤは愛されるべき人なのだ。



スクネは
サクヤからマナコを助け出して欲しいと
お願いされた時に

サクヤの純粋な愛を知り、
そしてマナコのサクヤへの愛を
救出という形で取り返す事で

自らの中にある愛を取り戻す事になる。


こう書くと、
やっぱり三角関係のお話のようですけど、


もっと、ずっと大きなものの為の
スクネの死なのですよね。





先程
「サクヤは本能的にスクネの自分への気持ちを知っている」
と書いたんですが、

だから、
「スクネさんに頼めば、私の願いを受けてくれる」
という
これまた本能的な気持ちが働いたのでは?

と、思ったりする。

こういう
「愛されるべき人」に備わっている(と思われる)

本能・・。
本能だから本人の自覚が無く、
それがまた罪深いのよ。


そんな事を考える鳥桃の邪悪さ(笑)。
物語に浸ってる気分ブチ壊したらごめんなさいー。



今回のの舞台は
とにかく草なぎ剛の

ワイルドな美しさ全開です!

視線にドキドキ!
引き締まった腕に見とれます!
セクシーです!!


ありがとう!草なぎ剛!
ありがとう!「ニ都物語」を作り上げている方々!
心から感謝を!


あともう一回観に行く予定なので、
また印象が変わるのかも。
カーテンコールで下がる時にはスクネ剛はスキップ!←こちらの謎のランキングに参加中。よろしかったらポチッとお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

震災義援金について→JEN

>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてくださいね。


>みぃ☆さん
ひょっとするとみぃ☆さんは「あなたへ」の公開の頃
鳥桃へメールを下さったみぃ☆さんでしょうか?
その節は大変失礼致しましたー!
もし、別人でしたらごめんなさい。
いつも読んで頂いて嬉しいです!
またのコメントお待ちしてますね!

>しみちゃんさん
お久しぶりです!お元気でしたか~?
剛くんのワイルドスクネ、カッコよかったですよね!
声の感じとか、視線とか、思い出すと今でも
ゾワゾワします(笑)
カーテンコールの時の優しい笑顔には、「キャー!!」
って叫びたくなりますよね!必死で堪えました(笑)

>ayaさん
おっ!ayaさんも邪悪仲間(笑)。
純粋すぎる気持ちがちょっと怖いんですよね。
でもその役が堀北真希ちゃんにぴったりで、
すんなりと、「ああ、この人の為にって思う気持ちが分かる」
となるんですよね。
今回もまた 役者草なぎ剛にホレボレです!

>ちぃさん
役者草なぎ剛、今回の舞台でもまた新たな人物となって
私達の前に現れてくれました。
屈折した影を持ちながらもそれだけの男じゃない。
サクヤが心引かれる理由がこちらにも十分伝わる人物像は
草なぎ剛が演じるからこそですよね。
舞台上のスクネと見詰め合える幸せをお互い感じましたね(笑)。

>つよきょんさん
同じ日に、同じスクネ剛を見つめていたんですね!
悲劇的な終りのようで、でもそれだけじゃない
「これから」を感じる舞台でしたよね。
あんなにカッコよくてワイルドなスクネなのに、
カーテンコールで下がる時に2,3歩スキップするのが
可愛すぎでした!

>ちびママさん
ストーリーとしてはそんなに複雑な創りではないので、
1回でちゃんと理解できると思いますよ。
しかしスクネ剛の表情や動きや声に、ストーリーそっちのけで
集中しちゃう可能性はありますね(笑)。
生のスクネ剛を思いっきり受け取ってきて下さい。
そして帰ってから妄想(笑)。

>うどんさん
少しでも舞台の感動が伝わったら嬉しいです。
きっと剛くんの舞台を観るチャンスが巡ってくると思いますよ!
お子さんが小さいうちは、なかなか動きが取れませんが、
アッ!っとゆー間に大きくなりますから。
その頃には御主人も理解(諦め?笑)してくれるかな。
その日を、もうちょっと待ってみましょう!

>なおぽんさん
5人旅の日に観劇でしたかぁ。確かにそれはちょっと
気が気じゃないかも。でもスクネが舞台に登場したら、
そんな気持ちもぶっ飛びますね(笑)。
胸に手を当てるお辞儀!!
あれは只の挨拶の一様式というのじゃなく
何とも言えずステキで、キラキラのアイドルでした!!

拍手[70回]

PR
ブログパーツ
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © 鳥桃ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]