忍者ブログ
てあたりしだいでごめんなさい。 只今98%SMAP草なぎ剛状態でございます。
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
4 10
11 12 15 16 17
24
25 26 27 28 29 30 31
最近2週間で読まれてる順
鳥桃ブログの最近2週間のアクセスの多い順です (2013/3/1開始)
只今鳥桃ブログ見てる人
とりもものTwitter
(結構無口)
最新CM
只今コメントは鳥桃の承認後表示されるようになってます。
[05/05 ようこ]
[05/01 brenda]
[04/17 NONAME]
[10/20 みあ]
[08/11 花井]
プロフィール
HN:
とりもも
性別:
女性
自己紹介:
色々と模索中のヴィンテージ乙女。
アイドルには無関心だった私が、ある日突然SMAPファンに。

御用の方はこちらへメールして下さい。
birdmomo_smap★yahoo.co.jp
(★を@に変更して下さいね)
お返事もyahooメールからになります。迷惑メールに分類されてしまう場合があるようですので、受信設定よろしくです。
てあたりしだい本棚
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
P R
金曜 スマ妄想劇場の時間です(笑)。

いつのまにやら、
もう(9)までやって来ました!
草なぎ剛不足で頭がおかしくなってます(笑)。

お暇な方、読んでみてね。

-----------------------------------------
スマ総合病院 職員専用食堂
午後1時30分。

木村医師と中居医師が食堂に入ってきた。
注文の列に並びながら揉めている二人。
「俺のマンゴープリン食べたの中居先生っすよね?俺、すっげー楽しみにしてたのに!」
「いや、僕じゃないですよ。自分で食べたんじゃないんですか?」
「プレーンのは食べたんすケド、マンゴーの方は残しておいたんです!中居先生しか居ないじゃないっすか!」
「だから、違いますって。何で僕が食べるんですか。」

------------------------------------------------------------
続き読んでみる方は↓の「職員専用食堂入り口」をポチっとして下さいな。
------------------------------------------------------------


「この間だって中居先生、俺のビール飲みましたよね?モルツの香るプレミアム!」
「・・・・あれは僕ですけど・・・でもちゃんと木村先生に言いましたよね?飲んでいいですか?って。」
「そうでしたっけ?・・・だけど、マンゴープリンも・・」
「あっ、それ僕です!」と横から声がする。
木村と中居がそちらに視線を移すと、列の後ろから草なぎ医師が顔を出している。
「草なぎ先生ですか、犯人!」と納得する木村。木村と草なぎの間に挟まれていた看護師に順番を譲ると並んで話し始める。
「絶対中居先生だと思って、責めてたんすよ今。」と草なぎに説明する。
「全く、いい迷惑ですよ。・・・・だけど、何で家の冷蔵庫のマンゴープリンを草なぎ先生が食べてるんですか?」疑問の中居。
「昨日、木村先生が『進撃の巨人』貸してくれるって言うんで取りに行く事になってたんですけど、木村先生 帰り際に急患が入ったんで、僕、先に部屋に行って待ってたんですよ。」
三人ともA定食を受取り席に向かう。木村は三人分のデザートを確保している。

「で、木村先生を待ってる間 小腹空いたなーと思って冷蔵庫見たら美味そうなマンゴープリンが入ってたんで、頂きました。」と笑顔の草なぎ。
「ねっ!あれ美味かったっしょ?」と木村。
「ちゃんと木村先生に報告しといて下さいよ。そうじゃないと僕が疑われるんですから。」
「すいません。」

A定食を持って香取医師と稲垣医師もやって来た。
「稲垣先生、スムージー美味かったッすよ!」と木村が言う。
「でしょー!」嬉しそうな稲垣。「だって、あのミキサーは特別なんですよ。」
「ね、中居先生美味かったっすよね?」と中居に同意を求める木村。
「え?」スムージーって何?という顔をしている中居。
「今朝俺が作ったの飲んだじゃないっすか、小松菜とキウイとバナナの。」と説明すると、ようやく理解した中居。
「あぁ、あの草のジュース。」
「あのミキサー、稲垣先生が昨日持って来てくれたんすよ。」
「あっ、稲垣先生もキッチン用品、せっせと中居先生の家に移動させてませんか?」と香取。
「あのミキサー凄く良いんですけど、僕の家のキッチンが狭くて置いとけないんで。」
「勝手に、不要な物を僕の家に持ち込まないで下さいよ。」と中居。
「いや、不要じゃないですよ!どうせだったら皆で使った方が良いかなと思って。」

「そう言えば中居先生と木村先生、まだ一緒に寝てるんですね。」と笑いながら草なぎ。
「一緒に寝てるって・・その言い方止めてもらえませんか。」と顔をしかめる中居。
「じゃあ、一緒の寝室なんですね? ですか?」と香取が笑う。
「あれね。中居先生が別にしろってうるさいんで、俺のベッドを部屋から出そうとしたんすけど、ベッドの角が当たってどうやっても部屋から出せないんすよね。引越し屋の人、どうやって入れたんだろう?」
「で、諦めてベッドを元に戻して、一緒に寝てます。」わざと一緒に寝るという言葉を使い、ニカっと笑う木村。
「だから、その言い方止めろ!」と中居。
怒る中居を見て木村は喜んでいる。

「そう言えば あのお揃いのパジャマ着てるんですか?」更に興味津々の草なぎ。
「あぁ、俺着てますよ。でも中居先生は着てくんないんすよねー。」残念そうな木村。
「別に着る必要ないじゃないですか。あれはお嬢さんが来た時のカモフラージュ用ですよ。」
「実用を兼ねてたっていいじゃないっすか。」
「兼ねません!」キッパリと中居。

「草なぎ先生、言っときますけど、人の家に勝手に入って、冷蔵庫の中とか寝室とか勝手に見るの止めて下さいよ。」と中居。
「木村先生帰ってくるまで暇だったんですよ。」
「そんなの、木村先生が帰宅してから来ればいいだけじゃないですか。」
「木村先生が、直ぐ帰れるから家で待ってて言うんで。合鍵も渡されたし。」
「・・・・合鍵?って・・木村先生が使ってる・・合鍵・です・・よね?」中居の言葉に不安が混じる。
「合鍵作ったんすよ、その方が便利だから。」サラッと答える木村。

「作った?!・・・便利・・・。って何が便利なんですか?!」驚きを隠せない中居。
「いや、こうやって家で先に待ってて貰えるし、稲垣先生には荷物運んどいて貰えるし、香取先生だって・・・・」そこまで言うと、中居が「?????一体幾つ合鍵作ったんですかっ?!」と。
そして香取を指さし「あーーーーっ!昨日僕が家に帰ったら香取先生 僕の家で風呂入ってましたよね?!ひょっとして それも合鍵で?!」
「あれ、中居先生知らなかったんですか?僕はもう中居先生公認なんだと思ってましたよ。」と合鍵を出して見せる香取。そして稲垣、草なぎも合鍵を見せる。
「・・・・・・・・・・・・・・。」言葉を失う中居。

「家の給湯器が壊れちゃったって話したら、木村先生が『じゃ家来れば?』って言ってくれたんで。」と香取。
「家って誰の家だよ・・・。給湯器なんて、さっさと直せばいいでしょ。」
「そうなんすけど、仕事で日中は居ないし、なかなか直せないんすよねー。だから暫くお世話になります。」と香取。「あ、稲垣先生が持ってきてくれたバスソルト、凄く良いですよ!肌がツルツルになりました!」
「ね?いいでしょー。又持って行きますから中居先生も使ってみてくださいよ。中居先生も肌に気を使った方がいいですよ。」と嬉しそうに稲垣。
「そうだ、中居先生のバスタオル洗っときましたからね。ちゃんと毎回洗濯した方がいいですよ!」と木村。「・・・・・・・」無言の中居。

「あっ、そう言えば今週末の集合時間何時にします?」と草なぎが話し始める。
「ああ、そうっすね、決めときましょうか。朝8時半でどうです?」と木村が応じる。
「何ですか?集合時間て。」と中居はまた不安を感じる。
「話したじゃないっすか、週末に隣の子供たちに緑松を見せるって。」
「それは聞きましたけど、草なぎ先生は関係ないじゃないですか。」
「草なぎ先生だけじゃなく、僕達も行きますけど。」と稲垣。一緒に頷く香取。
「子供たちの為に全員集合?なんですかそれ?」と中居。
「木村先生が言ってた イケテル隣の奥さんに会ってみたいじゃないですか!」と目を輝かせる草なぎ。
「それにしたって、朝8時半集合は早すぎでしょう。休みの日くらい、ゆっくり寝ていたいですよ。」という中居に。
「あぁ、中居先生は寝てて下さい。僕達でやってますから。」とアッサリ香取に言われる。そうなると ちょっと癪に障る中居。
「じゃ、当日朝食を食べながら作戦練りますか。」と稲垣。
「何の作戦だよ。」と呆れる中居。
「ランチの用意もしますね。」と言う稲垣に、「いいっすねー!」と喜ぶ木村。
「奥さんにウケル ランチは何でしょうね?」と盛り上がる4人。

「そろそろ時間じゃないですか?稲垣先生。」と中居が冷たく声を掛ける。
「あっ!ありがとうございます、中居先生!」と立ち上がる。
「香取先生、草なぎ先生も行きますよ!」と三人で慌てて食堂を出てゆく。

三人がバタバタと立ち去った後
「木村先生、勝手に僕の家の合鍵作るの止めてください。」と苦情を言う中居。
「あっ、もう作りませんから、大丈夫っすよ。」と笑顔で答える木村。
「・・・・(もう十分手遅れか)・・・」と思う中居。
「・・・・・。で、引っ越し先の部屋は探してるんですよね?」と木村に確認する。
「えっ?あぁ、はいはいはい。探してるんすけどねーー。あーーー、なかなかね。あっ、俺も、もう行かなきゃ!」とソワソワ立ち上がる木村。
「早く探してくださいよ。」と厳しい表情の中居。
「あ、はい!分りました!」いい返事だけを残し立ち去る。

一人になった中居。
「・・・・(木村先生、絶対部屋探してないよな・・・・ったく!)」と思う。
「(週末も早起きかよーー!)」と思いながら、木村が取って来てくれたデザートを食べる。
「美味っ!」
--------------------------(9)END--------------------
 
同僚 医師編(10)→
今週も長々お付き合いありがとうございましたー。

このドラマは一体どのように収束するんでしょうか(笑)。
不安になってきました(笑)。

それにしてもですよ!
草なぎ剛のお仕事情報がこんなにも入ってこないって
一体どうなってんでしょうか?

LIVE情報が先なのか?

あーーーー。(溜息)

これまでのお話
同僚 医師編
同僚 医師編(2)
同僚 医師編(3)
同僚 医師編(4)
同僚 医師編(5)
同僚 医師編(6)
同僚 医師編(7)
同僚 医師編(8)
 
 

 
>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみて下さいね。
いよいよ夢のSMAPシェアハウス?!←こちらの謎のランキングに参加中。よろしかったらポチットお願いしますー。
拍手もとっても励みになってます。

震災義援金について←JEN

>パーチさん
コメントありがとうございます!
まだまだ続けて下さいなんて、嬉しい事を
言って頂いて!(笑)今の所、この物語の
終わり方が全く分かりません(笑)
一体どうなる事やらー。

>みゆさん
マンゴープリンが冷蔵庫に入ってなくて
残念でしたね(笑)。さて今後中居先生の
マンションはテラスマハウス化(女子抜き)
するんでしょうか?私もスマシプの
NAI-NAI16はHDD常駐です!これ最高!

>みきゃんさん
わちゃわちゃSMAPはごちそうですよね!(笑)
マンゴープリンを勝手に食べちゃう草なぎ先生
は、やっぱりここでも自由人(笑)。
朝8時半集合に皆間に合うのか?それとも?
皆が合鍵持っちゃった中居先生の家はどうなる?

>紗那さん
木村先生は中居先生宅に永住かも?(笑)
そうとう居心地がよさそうです。皆も
これから中居先生宅に溜まる予感?(笑)
一体これからどんな展開になることやら、
次回もお楽しみにー!!

>ちびママさん
何か身近な所で草なぎ剛の噂が?!
意外と近い所に剛くん、居るのかもしれません!
きっとそのうち どこかでバッタリ!!って
事が起こるかもーーー!!その日に備えて
準備してね!(何の準備だろう?笑)

>お名前の記載の無かった方へ
スマ妄想劇場いつも読んで頂きありがとうございます。
無邪気な木村先生にドキドキしてくださいね!
木村先生に振り回されてる中居先生も、困ってる
けど、楽しんでる部分もあったり。今後も続き
楽しんで下さいね!いつ迄続くのか?(笑)

>ろこよこさん
お仕事の疲れをこの妄想ドラマで癒して頂けたら
とっても嬉しいです!いろんなスマコネタ挟みつつ
書きながら楽しんでます(笑)。いよいよ合鍵が
皆に渡ったので、次はテラスマハウス?
次回もお楽しみにーー!

拍手[61回]

PR
ブログパーツ
Comment
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
pass

Copyright © 鳥桃ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]