忍者ブログ
てあたりしだいでごめんなさい。 只今98%SMAP草なぎ剛状態でございます。
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 11
12 13 16 18
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最近2週間で読まれてる順
鳥桃ブログの最近2週間のアクセスの多い順です (2013/3/1開始)
只今鳥桃ブログ見てる人
とりもものTwitter
(結構無口)
最新CM
只今コメントは鳥桃の承認後表示されるようになってます。
[05/05 ようこ]
[05/01 brenda]
[04/17 NONAME]
[10/20 みあ]
[08/11 花井]
プロフィール
HN:
とりもも
性別:
女性
自己紹介:
色々と模索中のヴィンテージ乙女。
アイドルには無関心だった私が、ある日突然SMAPファンに。

御用の方はこちらへメールして下さい。
birdmomo_smap★yahoo.co.jp
(★を@に変更して下さいね)
お返事もyahooメールからになります。迷惑メールに分類されてしまう場合があるようですので、受信設定よろしくです。
てあたりしだい本棚
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
バーコード
P R
1 2 3 4
『La Strada  』(2018.12.10)
観てきました。
 
 これから観に行かれる方は
読まない方がいいかも~。

それではいつも通りの
鳥桃の
超勝手な解釈でございます。





ーーーーーーーーーーーーー


荒々しい男ザンパノ。
低く響く声。
引き締まった筋肉が光る。

とにかく目付きが悪い。
あんな目でまれたらすくむ。
態度も悪く、気に食わなければ
怒鳴り散らすし暴力も振るう。
ニコリともせず
いつでも苦虫を噛み潰したような表情を見せている。
但し、酔って女を見る時の目には
イヤラシサが滲む。


粗暴で
良いとこなんか見当たらない男。

そんな男ザンパノを
草なぎ剛が演じている。


フェリーニの映画「道」が
あまりにも評価が高い故に、

どしても
映画の中のザンパノ(アンソニー・クイン)と
舞台「道」のザンパノを比べてしまうけれど、
これはもう避けて通れない事で、
覚悟の上のザンパノ草なぎ剛
なんだと思う。

胸筋で鎖を引きちぎる
という力業が生業のザンパノ。

タンクトップから見える胸筋や
肩から腕の筋肉等
かなり鍛えられてるのがわかる。
(惚れ惚れの美しき筋肉・笑)
だけどザンパノ草なぎ剛は大男とは言えず、
どうしても
元々の線の細さが見えてしまう。

そこをカバーする為の
体を大きく見せる荒々しい動きや
大股の歩き方。

そして、その事が逆に
ザンパノの
大きな男に見せたいという
虚栄心も表現しているように感じる。

虚栄心の基が、
ザンパノの語りたがらない過去に
あるようにも感じるし、
今の彼を形作ってきたモノ
の存在を感じる。

映画版とは違って、
ジェルソミーナは 
ちょっと変わった子だけど、
しっかりしていると思う。
それに、
クラウンの妖精(?)に守られているのも
救いかも。

若くて可愛らしいジェルソミーナの存在が、
ザンパノの卑劣さを強調してしまうのかと
想像していたけれど、
そうではなく。
「ベッドへ来い!」と
荒々しく呼ぶザンパノの声も、
性的な匂いがあまりしない。

あんなに女好きで、
酒場の女や旅先で出会う未亡人には
ねっとりとした熱い視線を向けるのに、
ジェルソミーナに対しては違うように感じる。

映画版ザンパノとジェルソミーナの関係は、
性的虐待だろっ!と怒りがわくし、
ザンパノの最低最悪ぶりが際立つ。

この最低最悪あっての
最後の慟哭につながるのだと思っていたし、
そうでなければこの物語は
成立しないんじゃないか?
と思ってた。
だから舞台版もそうなのかと。


でも、違った


草なぎ剛がパンフレットで語っていたように、
「一人で寝るのが寂しい」男、ザンパノ
なのかもしれない。

そんな弱っちい部分を
隠すための粗暴。

必死に自分を守るための虚栄。
自分の弱さを容赦なく指摘し
からかうイル・マットの存在が許せず
暴力で黙らせようとする。

挙げ句イル・マットを殴り殺してしまうが、
自分に責任は無いと
ジェルソミーナに泣きついたりもする。

あまりにも弱い。
そして自分勝手でどうしようもない男。


映画では全く感じる事がなかった
ザンパノの弱さが、

ジェルソミーナとの別れと、
その後の運命を嘆き悲しむ姿に
強烈に結びついてくる。


不穏な死をイメージさせるサーカスと、
クラウンのコミカルな動き。
舞台全体が幻想的でもある。


うーーーー
なんと書いていいのやら、
昨日の夜から書き始めて
悩んで悩んでこんな感じ(笑)。

結局鳥桃は
映画版より、この舞台版ザンパノの方が
人間味を感じるんだな。

もっと書きたいこともあるけど、
いつまでも終われないので
とりあえずうp。

また更新するか別に書くかなー。



>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてね。


拍手とコメントがとっても励みになってます〜。
義援金は↓
東日本大震災復興支援財団
熊本・大分地震への義援金日本赤十字
平成30年7月豪雨・北海道胆振東部地震義援金
日本財団

拍手[102回]

PR
ブログパーツ

今月の
『お気楽大好き!』

草なぎ剛の表情は清々しいですね〜。

首元のVに眼が吸い付きます(笑)。


只今絶賛
舞台『道』の稽古中。

声も若干枯れてるようですが、
ザンパノの荒さを表現するためには
必要なんでしょう。

無骨な荒くれ者で、
筋肉が仕事道具な訳ですからね。
ダンベルで鍛えてるとのことで、
素敵なボディーに仕上げて下さい。

そして、
あまりにもひどい男ザンパノを演じる事による
精神的苦痛

「早く終わって欲しい!」と
本音を吐露する程(笑)。

これは相当だな
と思うと同時に
よしよし
とも思うの。
(やけに上から目線で・笑)

ザンパノが
どれ程ひどい奴なのかを演じきれなければ、
この『道』はストーリーとして完成しない。

そう思うのよ。

草なぎ剛がザンパノを演じる
と聞いて

どうしても「いい人」像が強い草なぎ剛に
ザンパノが演じ切れるのか?
と、不安がよぎったのだけど、

演じてる草なぎ剛が
「早く終わって欲しい」
「人生の20日を我慢する」
「苦しくて苦しくて」
そんな心境になる程ひどい奴って事。
理想通り!(笑)

観る側に嫌悪感しか湧いてこないような男、
ザンパノ=草なぎ剛

それは
初めて見る草なぎ剛の姿となる。

開幕はもうすぐ。
どんなザンパノ=草なぎ剛に
会えるのか。



拍手とコメントがとっても励みになってます〜。
義援金は↓
東日本大震災復興支援財団
熊本・大分地震への義援金日本赤十字
平成30年7月豪雨・北海道胆振東部地震義援金
日本財団

拍手[45回]

ブログパーツ
NAKAMA to MEETING
三人に会いにいける事が決まり
ホッとしてます。
皆さんはどうだったでしょうか?

東京のみ3口申込。
そのうちの1口を
スマ友さんが当ててくれました〜!
感謝でございます。

やはり東京は激戦だったのかな?
沢山の方が三人に会えますように!


さて、先週ですが、
No.9 ー不滅の旋律ー
観てきました。

三年ぶりの再演。

ヒステリックで神経質で、
尊大な態度の傍若無人。
そんなルートヴィヒを
稲垣吾郎が軽やかに演じています。

ルートヴィヒの苦悩を考えると、
軽やかという表現は違うのかもしれないけど、

他に言葉が見つからぬ(語彙力)。
ルードヴィヒとしてそこに存在する事が
自然に見える。
そんな感じでしょうか。

今回は
ルートヴィヒを取り囲む人々も
キャスティングが変わり、
やっぱり気になる女性陣。

ピアノ製作を通してルートヴィヒを支え続ける
ナネッテ。
彼の生活から著作の権利等までを管理し
支えるマリア(ナネッテの妹)。

ルートヴィヒを愛しながらも、
貴族の身を捨てられずに、
別の結婚を選ぶヨゼフィーネ。

ヨゼフィーネの愛は、
恋愛そのもの。
それに対して
ナネッテの愛は、
ピアノを通しての
ルートヴィヒの才能への愛。

ではマリアは?
となると、

基本的にはナネッテと同様、
ルートヴィヒの才能への愛
なんだろうなと。

マリアからは
ヨゼフィーネ的恋愛感が
感じられないのよ。
したがって、
彼女の存在が
ビジネスパートナー
として見えてしまう。


これは前回も感じた事なんだけど、

マリアとナネッテの存在が
ダブってると思うのよ。

一人の人間を二人で演じてるような。


ルートヴィヒとナネッテとの関わりを
もっと深く表現することで、
ナネッテの夫ヨハンももっと色濃く
描かれるだろうし、
マリアの存在とは・・・
などと考えてしまう。


結果として、
マリアがビジネスパートナーと見える事
(只これは演出意図とは違うと思うのよね)
によって、
ルートヴィヒの晩年の孤独が
より一層強まったように感じましたけども。


ラストシーンで
ルードヴィヒがNo.9を指揮する姿から、

力強く恐ろしい程の熱量が迫って来ました。

ルードヴィヒの頭の中で奏でられる
完璧な音楽と、
彼の指揮から生まれる
現実に奏でられる完璧な音楽。

その二つの音学の一致と異り。

観客の耳に届くこの素晴らしい音楽が
彼には聞こえていないのだと気づく一瞬。

ルードヴィヒの
孤独と情熱と狂気に触れる一瞬でもありました。


カーテンコールに現れる姿は
稲垣吾郎に戻っていて、
笑顔がチャーミング。

素敵な舞台をありがとう〜!

いつもながら
まとまり無い感想でございます。


>拍手コメントくださった方へ
お返事読んでみてね。遅くなりました~


拍手とコメントがとっても励みになってます〜。
義援金は↓
東日本大震災復興支援財団
熊本・大分地震への義援金日本赤十字
平成30年7月豪雨・北海道胆振東部地震義援金
日本財団

拍手[39回]

ブログパーツ


Copyright © 鳥桃ブログ All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog
忍者ブログ・[PR]